電話

違反者講習について

違反者講習について

違反者講習とは、平成10年10月1日の道路交通法の一部改正によって始まった制度のことで、

本来なら「30日間の運転免許停止処分」の対象となる「累積点数が6点」に達し、

所定の基準に該当する方が受講できる講習のことです。

違反者講習の対象者

  • 過去3年以内に行政処分歴(免許停止・免許取り消し)がない。
  • 処分の基準点に達する違反行為を行っていない。
  • 軽微な違反行為(1~3点の違反行為)で累積点数が6点になった。

上記のすべてに該当する方が「違反者講習」の対象となります。

  • ※違反者講習対象は「1~3点の軽微な違反をくり返して累積点数6点になった方」
    • いわゆる「一発免停」は対象外。
    • ⇒1回の違反で6点になるような違反行為酒気帯び運転・速度超過など
  • ※過去3年以内に停止処分歴、または違反者講習受講歴のある方は対象外
  • ※軽微な違反行為による累積点数が7点以上になった方は対象外
  • ※違反者講習の該当者には公安委員会から配達証明付の「違反者講習通知書」が郵送される。

違反者講習のメリット

違反者講習を受講することによって、以下のようなメリットがあります。

  • 行政処分(30日間の運転免許停止処分)が行われない
  • 行政処分の前歴が残らない
  • 違反者講習の通知の対象になった点数(6点)と、以降の違反点数とは合算されない。

行政処分暦の回数によって

  • 免停になる点数
  • 免停期間
  • 免許取り消しになる点数

が異なってきます.

そのため、行政処分の前歴が残らないことは非常に大きなメリットです。

また違反者講習対象者が受講しなかった場合は、

通常通り累積点数6点の「30日間の運転免許停止処分」の対象となり、

この処分による停止期間を短縮する「停止処分者講習」は受講できません。

※ただし違反者講習を受講しても優良運転者にはなりません。

違反者講習の受講期間

違反者講習の受講期間は、【違反者講習通知書を受け取った日の翌日から1ヶ月以内】となっており、

この期間に受講しないと通常通り累積点数6点の「30日間の運転免許停止処分」の対象となります。

しかし下記の「やむを得ない理由」に該当する方の場合は、

そのことを証明する書類等を提出することによって、その期間を除いた通算1ヶ月以内に受講することができます。

やむを得ない理由

  • 病気、負傷
  • 海外旅行
  • 災害
  • 逮捕、拘束 など・・・

講習内容

違反者講習の講習内容は2種類から、希望の講習を選択することができるようになっています。

受講場所は各地の免許センターで行われます。

ただし、実施日時は各地免許センターによって異なります。

座学と実車指導コース

座学(講義) 3時間
実写指導 3時間

座学と社会参加活動(ボランティア)コース

座学(講義) 3時間
社会参加活動(ボランティア) 3時間

社会参加活動(ボランティア)は、公安委員会の認めた団体の元で、

交通安全に関するさまざまなボランティア活動を行います。

講習手数料

座学・実写指導コース 14,100円
座学・社会参加活動コース 9,950円

※2015年4月1日~講習手数料が改定されています。

※費用は変更がある場合がありますので事前に確認してください

詳細はこちら

еще по теме