電話

外国籍の方へ

日本で運転可能な免許証

以下の3つは日本でも運転可能な免許証となります

  1. 日本の免許証
  2. 道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)に基づく国際免許証
  3. 自動車等の運転に関する外国※1

※1国際免許証を発給していない国又は地域であって日本と同等の水準にあると認められる免許制度を有している国又は地域の免許証のこと。対象となる国・地域はスイス連邦、スロベニア共和国、ドイツ連邦共和国、フランス共和国、ベルギー王国、モナコ公国及び台湾の7つ。

日本で免許を取得する場合

運転免許試験場で試験を受けて合格する(一発試験)

お住まいの地域の運転免許試験場で「一発試験」と呼ばれる試験(技能検定・学科試験)を受けて、免許を取得
する方法です。

一発試験は1回や2回ではなかなか合格できないことが実情とされています。

自動車教習所を卒業し、学科試験を合格する(こっちがオススメ)

公認の自動車学校・教習所に通い卒業すると運転免許試験場での技能試験が免除されます。

卒業してから運転免許試験場で学科試験を受験し、合格すれば免許を取得できます。

一般的に、大学生が合宿などで行くのが自動車学校で、自動車学校を卒業し、運転免許試験場で筆記の学科試験を受験して合格して取得するというのが一連の流れです。

もちろん自動車学校でも卒業検定が存在しますが、一発試験よりはこちらの方が難易度は低いとされています。

外国籍の方が日本の教習所に入校する場合の持ち物

外国籍の方は日本の教習所に入校する際に必要なものが日本人と異なる場合があります。

以下、必要な持ち物をご紹介します。

免許証を持っていない場合

  • 住民票(国籍が記載されたもの)
    • ⇒事前に市町村から送付される『仮住民票記載事項通知書』では、受付できません。
  • 在留カード
  • 印鑑

免許証を持っている場合

  • 現在お持ちの免許証
    • ⇒ICカード免許証(本籍地の記載がない免許証)の方は、国籍が記載された住民票が必要となります。
  • 在留カード
  • 印鑑

外国籍の方が日本の教習所に通う際の注意点

外国籍の方が自動車学校に入校する際に注意が必要なのが日本語の能力です。

まず、教習所のインストラクターは基本的に日本語で指導を行いますので日本語の聞き取りができないと教習できない場合があります。教習所によっては英語や中国語で書かかれている教材を用意してある場合もありますが、日本語の能力は必須と言えます。

また、卒業後の学科試験は中国語や英語で受験できるところもあります。

復縁したい

посмотреть